コラム
COLUMN

HOME > コラム > マンション売却で利益が出やすい時期 中古マンションの売却はアール・エー不動産

コラム マンション 不動産売却 不動産税金 不動産買取 中古戸建 戸建て 新築戸建

マンション売却で利益が出やすい時期 中古マンションの売却はアール・エー不動産




マンションをできるだけ高く売って利益を出すためには、適切な時期をうかがって売却する必要があります。時期を逃したり、間違うと、いつまでも買主が見つからない、相場より売却価格が安くなるなど、悪条件な状態に陥ってしまう可能性があります。

どの時期にマンションを売却すれば高くなるのか、事前に把握しておくことが大切です。そこで、マンション売却の適切な時期について詳しく説明していきたいと思います。大阪市でマンション売却をお考え中の方は、ぜひ参考になさってください。

 

マンション売却の時期の決め方

マンション売却を成功させるには、売り出すタイミングの見極めが大切です。

引っ越しの時期に合わせる

3~4月は新年度が始まるので、引っ越しする人が多くなります。そのため、引越し先でマンションを探す人も増え、物件のニーズが高くなります。

9~10月の秋も転勤・転職の移動が多くなる時期です。このように「引越しシーズン」に合わせて売り出すのも、良い時期といえるでしょう。

不動産の市場動向に合わせる

不動産価値は、終始相場(市場価格)に影響されます。安い時に買って、高い相場の時に売れれば理想的です。売却を予定しているエリアの相場はどうなっているか、以前に比べて安いか、今後は上昇しそうかなど、市場の動向を見定めて売る時期を計画することも重要です。

買い替えの時期に合わせる

買い替えが決まっているときは、買い替え先の状況に応じて売り出さないといけません。物件がまだ建設中であったり、または土地を買ってから建物を建てるなど、建物の完成に合わせないと、二重ローンや仮住まいといった経済的な負担増になる場合があるので注意しましょう。

大阪市で中古マンションの売却をお考えの方は、アール・エー不動産へご相談ください。



 

高く売って利益を出すためにマンション売却に向いている時期を知ろう

「中古マンションを売りたい!」と思ったら、利益があがりやすい時期を予め把握しておきましょう。

新年度が始まる前に合わせる

「引っ越しシーズンに都合を合わせる」ということをお話ししましたが、だからといって4月に売り出しても遅すぎます。新年度が始まる前の23月に合わせて動き出すのがよいでしょう。

マンション売却に要する期間はおおよそ3ヶ月です。12月に査定を行って、1月に売り出しができるようにプランを立てましょう。

10、11月も狙い目

秋に辞令を受けて転勤・引っ越しをする場合、「新年は新居で過ごしたい」、「クリスマスは新しい家で過ごしたい」と考える人もいるでしょう。そうなると12月までに引っ越しを終わらさなければなりません。

10~11月ころ頃にマンション成約率が上昇する時期になります。よって9月ごろから売り出せば、秋の需要に応えることができます。

大規模修繕のあとに売り出す

大規模リフォームが終わったあとの物件は、人気が上昇する傾向になります。チラシや広告などに「大規模リフォーム済み」の掲載があると、買主の購買意欲が高くなり成約率も上昇します。

マンション探しで買主が最も気にするポイントは、「外観やデザインが優れているか」です。大規模リフォームが終わる頃合いを見て売り出すのも一つの手段です。大阪市でマンション売却をお考えでしたら、大阪エリアのマンション需要を熟知しているアール・エー不動産へご依頼ください。

 

中古マンションの売却は大阪市のアール・エー不動産へ

大阪市でマンション売却を成功させるには、大阪市における不動産の市場動向や地域情報を熟知している業者に売却を依頼するのが最善といえます。大阪市の地域性をよく知っている業者ほど、より高額で利益の生まれる売却を実現できるでしょう。

大阪市で中古マンションの売却をお考えの方は、アール・エー不動産へご依頼ください。大阪エリアをすみずみまで知り尽くし、たくさんの実績を積み上げてきたからこそ実現できる、迅速かつ丁寧な対応でマンション売却をサポートいたします。お気軽にお問い合わせください。

SHAREシェアする

コラム一覧

HOME > コラム > マンション売却で利益が出やすい時期 中古マンションの売却はアール・エー不動産

© 2022 株式会社アール・エー不動産