コラム
COLUMN

HOME > コラム > 不動産の査定を相談する前に準備・確認すること

コラム マンション 不動産売却 不動産税金 不動産買取 中古戸建 戸建て 新築戸建

不動産の査定を相談する前に準備・確認すること

不動産の売却は通常何度も経験することはないでしょう。その為注意点や準備しておく物について詳しく知っている方はあまり居ません。必要な情報を事前に知っておくことで、不動産売却をスムーズに行うことができます。



このページでは、不動産の査定を相談する前に準備することや確認することをまとめています。これからやるべきことが一目瞭然ですね。また、売却を成功に導く為のヒントである不動産査定を行う際に伝えておきたいことや注意するべき点についても紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

大阪市で不動産査定に評判のあるアール・エー不動産なら、あなたがお持ちの不動産の魅力を最大限に引き出した査定額をご提案いたします。ぜひご相談ください。

不動産の売却をスムーズに進めるため、査定の相談をする前に下記の4つの項目について準備・確認することをおすすめします。

  1. 1.書類の準備

  2. 登記簿謄本

  3. 土地の測量図、境界確認書

  4. 建物建築時の図面一式

  5. 不動産売買契約書、請負契約書

  6. 身分証明書(運転免許証等)

  7. 住宅ローン残高の残高証明書など


マンションを売却する場合には、購入時のパンフレットや管理規約・使用細則などを用意しておきましょう。これらの書類がすべて揃っていない場合でも査定の依頼は可能ですが、物件情報が多ければ多いほど、より確かな査定額を算出することができます。

2.リフォーム履歴や不具合箇所の確認

売主様が物件の状況を正しく伝えると様々なメリットがあります。リフォームをおこなっている場合は物件の価値が高くなったりしますので、いつリフォームしたのかわかる工事請負契約書やリフォーム図面などを用意しておきましょう。

逆に、騒音や事故歴、雨漏りや水漏れ、など、現在もしくは過去に発生している不具合についてもお伝えされた方が良いでしょう。これは、売主様が「契約不適合責任」を負わないようにするためにも、買主様に対して正直に告知する必要があります。もし不具合などをわかっていながらも告知しなかった場合は、買主様から減額請求や修繕費用の請求をされてしまう場合があるので注意してください。

もしも不具合について不安な場合は、査定依頼の際、売却前に不具合を修繕する必要があるのかどうか担当者に相談するのがおすすめです。

3.自分でできる補修と掃除

査定の前には、是非ともご自分でやれる範囲で大丈夫なので清掃や補修をしましょう。査定の額に大きく影響するとまではございませんが、水回りの掃除、フローリングや壁紙の補修、などをしておくと、購入を検討する方によりよい印象を与えてくれます。

4.境界線や過去の利用歴を確認

土地や戸建ての売却でよく問題となるのが境界線です。境界線が未確定である場合、購入を検討されている方が不安になってしまう為、売却の価格に影響してくる場合がございます。また、所有している土地の過去の利用歴がわかるようであれば、担当者に相談しましょう。

 

不動産の査定を行う際に伝えるべきことや注意点

不動産査定を行う際には、売主様として伝えなければならない事項や注意点が存在するので注意・確認しておきましょう。

1.伝えるべきこと

下記のような売主の要望をしっかりと伝えましょう。

  • 売却期限はいつまでか

  • 売主様の売却希望価格

  • 売却活動の内容(近隣の住人には知られたくないのでチラシの配布はやめてほしい、など)

  • 出来れば建物をそのまま利用してくれる買主を探してほしい

  • 不具合個所を修繕しなくても済むように、リフォーム目的の買主を探してほしい


また、売却したい物件のアピールポイントも伝えましょう。
下記のような書類があると査定の価格を上げられる可能性があります。

  • 設計住宅性能評価書

  • 建設住宅性能評価書

  • 耐震診断結果報告書

  • 住宅耐震改修証明書

  • 耐震基準適合証明書

  • 固定資産税減額証明書

  • 増改築等工事証明書


 

2.注意点

先程も解説しましたが、売主様にとってのマイナス事項であっても正しく伝えるようにしましょう。目に見えるような不具合はもちろんのこと、なかなかわかりにくいシロアリ被害や雨漏れ、周辺環境に問題はないか、過去にあった事件や事故についても報告するということが売主様としての責任になります。

また、査定の依頼には「不動産一括査定サイト」等を活用し、複数の会社に訪問査定を依頼する方が良いでしょう。その場合の注意点としては、査定の金額だけで会社を選ばないとようにしましょう。

なかには仲介手数料を高くしたいがために査定額を高く提示したり、高く売れると思わせて仲介契約を勝ち取ろうとしてくる業者もいます。複数の会社をキチンと比較し、スタッフの対応であったりスピード感やサービスの内容など色々な面から判断すると早くて高い安心できる売却が可能となってくるでしょう。

アール・エー不動産では、お客様の不動産を責任持って調査、確認し、魅力を最大限に引き出した査定額をご提案させて頂きます。大阪市の不動産売却は、是非アール・エー不動産にご相談ください。

 

不動産会社の選び方について

不動産の売却で失敗しないための不動産会社の選び方をご紹介しています。これから不動産売買をお考えの方は、ぜひご参考にしてください。

丁寧に話を聞いてくれる

不動産の売却をされる際には、できるだけ売主様の要望を反映してくれる会社を選ぶのが良いでしょう。実績や経験が豊富な不動産会社はかえって視野が狭くなってしまうことがありますが、売主様の話をしっかり聞いて理解した上で、その内容を元に戦略や作戦を一緒に立ててくれるような会社がおすすめです。

不動産売買の実績が豊富

不動産会社と一口に言っても、それぞれ得意分野があります。賃貸の紹介がメインで、不動産売却はほとんど関わっていないような会社もあります。まずは不動産の売却実績があるのかどうか、ホームページなどからチェックしてみるのが良いでしょう。

説明が丁寧な会社

不動産の売却は、単に商品を売るというものではなく、土地に付随される条件や法律、時には相続についてまで幅広い知識が必要になってきます。売却にもさまざまなポイントがありますので、丁寧にわかりやすく説明してくれる不動産会社を選びましょう。説明が不十分なまま契約を急がせるような会社には注意が必要かもしれません。焦らずじっくりと検討しましょう。

レインズに登録できる会社

レインズ(REINS)とは、全国の物件情報が登録された不動産会社共通のデータベースのことを言います。売却する物件情報はレインズに登録する決まりになっていますが、残念なことに情報を登録しない会社もあるようです。幅広く情報を公開するためにもレインズに登録してくれる会社を選びましょう。

 

大阪市の不動産売却相談なら、実績豊富でスピーディーな対応の不動産会社がおすすめ!

不動産査定の前には、必要な書類をまず準備しましょう。すべての書類が揃わなくても査定の依頼は可能です。できる限り多くの書類が揃っている方が正確な査定ができます。また、自分でできる範囲の掃除や補修をしておくと、査定を担当する方や買主様に好印象を持ってもらえます。

シロアリ被害や雨漏りなど、伝えたくないような不具合もあるかもしれませんが、後々の高額な損害賠償や契約解除にもつながりかねません。しっかりと不具合についても報告するようにしましょう。

正確な査定をしてもらうためには、不動産会社選びもポイントとなってきます。

アール・エー不動産は、数々の実績によって培ったノウハウがあるからこそできるスピーディーな査定が評判です。大阪市の不動産を少しでも高く早く売りたい方は、ぜひアール・エー不動産にご相談ください。

 

SHAREシェアする

コラム一覧

HOME > コラム > 不動産の査定を相談する前に準備・確認すること

© 2022 株式会社アール・エー不動産