コラム
COLUMN

HOME > コラム > 不動産売却にかかるポイントや期間・不動産会社の選び方

コラム マンション 不動産売却 不動産税金 不動産買取 中古戸建 戸建て 新築戸建

不動産売却にかかるポイントや期間・不動産会社の選び方



大阪市で不動産売却のご相談なら、豊かな実績による即日査定が好評のアール・エー不動産にご依頼ください。大阪市内の不動産を知り尽くした不動産のエキスパートです。より早く適正価格での査定を行いますので、不動産に関することでしたら遠慮なくご相談ください。

不動産の売却は、どの会社に任せても同じと思っている方も少なくないでしょう。ですが、対応が迅速な不動産会社を選択することができれば、早い売却につながり、結果的に高く売れやすくなります。

ここでは、不動産の売却にかかる期間について説明いたします。確認して頂ければ、どのくらいの期間を要するのか想像できるようになるでしょう。同時に不動産の売却にかかる期間を左右する点についてもご紹介いたします。早く売るためのヒントや不動産会社の選び方の大切さを知るためにも、ぜひ確認してみてください。

不動産の売却にかかる期間

不動産の売却には、約6ヵ月の期間がかかるのが一般的です。売却の流れや要する期間は下記のとおりです。

1.売り出し前

売り出し前の必要期間は約1ヵ月で、下記を行います。

  • 価格相場の調査

  • 査定の依頼

  • 不動産会社と媒介契約締結


不動産を売却することが決定したら、まず行うのが相場の調査です。これを行うことで資金のプランが立てられたり、査定額が適正か判断できたりと売却を円滑に進められます。

「土地総合情報システム」や「レインズマーケットインフォメーション」を利用すると過去の取引実績に準じた取引価格を楽に調べられます。

2番目行うのが査定の依頼です。相場はあくまで相場なので、査定により明確な価格を調べる必要があります。「不動産一括査定サイト」を使用し、1度に複数の不動産会社に訪問査定を依頼するのに重宝します。

査定は不動産の価格を理解するためだけではなく、不動産会社を選ぶ時のバロメーターにもなります。査定額や査定時のスタッフの対応などから全体を通して、売却を安心して託せる不動産会社と媒介契約を結ぶようにしましょう。

 

2.売り出し期間

売り出し期間は約3ヵ月で、下記を行います。

  • 売却活動

  • 条件交渉

  • 内覧対応

  • 売買契約の締結

  • 売却活動は、専門の不動産会社に任せるのが普通です。不動産会社はレインズへの登録やチラシの配布、自社サイト、不動産ポータルサイト、での物件情報の公開を行います。

  • 売却活動によって購入希望者が現れた時は、内覧を行います。売主は内覧のための準備として清掃や修繕を行い、買主に魅力的な物件であるイメージを与えましょう。

  • 購入者が決まれば、あとは条件交渉です。これは不動産会社主導で行い、売却条件や価格、引渡し日などを決めます。この交渉により決定した内容で売買契約を締結します。


 

3.売買契約締結後

売買契約締結後に必要となる期間は約1~2ヵ月で、下記を行います。

  • 代金決済、所有権移転登記

  • 不動産の引渡し


売買契約を結んでから約1~2週間程度の時間を使って、ローンの本審査が行われます。何事もなく住宅ローンの審査が通れば、代金決済、引渡しに向けて準備を実行します。

残代金の決済は、一般的に引渡し日に行われます。決済は、買主がローンを借りる金融機関で執り行われ、両不動産会社の担当者や司法書士が立ち会って行われます。

アール・エー不動産では、即日対応可能な査定を無料で行っております。経験豊富なスタッフが最後まで責任持って不動産売買の手助けをしますのでご安心ください。大阪市で不動産売却を検討中の方は、ぜひ、親切、丁寧な対応が自慢のアール・エー不動産にお声がけください。

 

不動産の売却にかかる期間を影響するポイント

不動産の売却にかかる期間は、下記の4つのポイントによって影響されます。

1.売り出し価格

売り出し価格は、売却にかかる期間に大きく左右されます。僅かでも高く売りたい売主としては、相場価格よりも高い価格で売り出し価格を設定する傾向にあります。ですが、買い手は高く感じるため売れにくくなり売却まで時間が掛かります。

また、売り出し価格を何度も変更して価格を下げると「売れない物件」というイメージを与えてしまい、一層買い手が見つかりにくくなります。高く、早く売りたいのであれば、相場や需要に見合った売り出し価格に設定する必要があります。

2.売り出し時期

不動産は、1年のなかでも売れやすい時期とそうでない時期があります。人が移動する3・4月は不動産を購入する人が増加するため、早く売れる流れにあります。

時間にゆとりがある場合は、売れやすい期間を目指して売却することをおすすめします。

3.不動産の立地条件

生活に不便な場所にある不動産や人口が少ない地域の不動産などは、どんなに優れた物件であっても需要が少ないため売却までに時間が掛かります。

逆に、都会で住みやすい物件であっても、条件のよい競合物件が多いと買い手が見つかるまでに時間を要することもあります。

4.不動産会社

不動産会社によっても売れるまでの期間に差がつきます。売却活動を活発に行っている気配がない、担当者の対応がよくないなど、少しでも気がかりな場合はほかの不動産会社に仲介をお願いするという方法もあります。

あなたの不動産売却を親身になって迅速に対応してくれる不動産会社に依頼すれば、売却に要する期間を大幅に短縮でき、取引を成功させることができるはずです。

アール・エー不動産では、買取査定、仲介査定、も即日対応が可能です。売却活動も積極的に行い、売却完了まで丁寧かつ迅速に対応いたします。大阪市の不動産売却は、ぜひアール・エー不動産にお任せください。

 

不動産会社の選び方について

不動産の売却で成功するための不動産会社の選び方をご紹介しています。今後不動産売買をお考えの方は、ぜひご参考にしてください。

  1. 1. 丁寧に話を聞いてくれる

  2. 不動産売却の時には、できるだけ売主のリクエストを反映してくれる会社を選びましょう。実績豊富な不動産会社はかえって固定観念にとらわれることがありますが、まずは売主の話をじっくり聞いて、その内容を基本に作戦を立ててくれるような会社がおすすめです。


2. 不動産売買の実績が豊富

不動産会社と一言に言っても、得意分野はそれぞれ違います。賃貸の紹介をメインで行って、不動産売却にはほとんど関わっていない会社もあります。まずは不動産売却の実績があるのかどうか、ホームページなどから確認してみましょう。

3. 説明が丁寧な会社

不動産売却は、ただ商品を売るというものではなく、土地の条件や法律、相続についてまで多岐にわたる知識が必要になります。売却にもさまざまな注意すべき点がありますので、きめ細かく、わかりやすく説明してくれる不動産会社を選びましょう。説明が不十分で契約を焦らすような会社は注意が必要です。

4. レインズに登録できる会社

レインズ(REINS)は、全国の物件情報が登録された不動産会社共通のデータベースを指します。売却する物件情報はレインズに登録する決まりになっていますが、残念なことに情報を登録しない会社もあるようです。幅広く情報を公開するためにもレインズに登録してくれる会社を選びましょう。

親切・丁寧・迅速な対応のアール・エー不動産が大阪市の不動産売却をサポート!

査定や売買契約締結、引き渡しなどを総合的に含めると、不動産売却には3ヶ月~6ヶ月ほどの期間を要します。不動産売却は、目安とする売却時期を予め考えておくことも大切です。

売り出し価格、売り出し時期、不動産の状態によって、売却にかかる期間が異なります。3ヶ月~6ヶ月での売却を目標とする場合は、特に売り出し価格は適正な価格を設定することが望まれます。

少しでも売却にかかる期間を短くするために、不動産会社の選び方は大切となってきます。親切、丁寧、迅速な対応をしてくれる不動産会社を選びましょう。

アール・エー不動産の最大の特徴は、豊富な実績によって実現できる適正査定です。お客様の悩みに寄り添いながら、より有利な条件で、早く売却が実現できるように全力でアシストいたします。大阪市で不動産の売却をお考えの方は、是非ご依頼ください。

SHAREシェアする

コラム一覧

HOME > コラム > 不動産売却にかかるポイントや期間・不動産会社の選び方

© 2022 株式会社アール・エー不動産