コラム
COLUMN

HOME > コラム > 大阪で不動産売却を業者に依頼!「買取」と「仲介」で異なる費用や買主

コラム マンション 不動産売却 不動産税金 不動産買取 中古戸建 戸建て 新築戸建

大阪で不動産売却を業者に依頼!「買取」と「仲介」で異なる費用や買主



  • 大阪で不動産売却を業者に依頼!「買取」と「仲介」で異なる費用や買主


「大阪市で不動産の売却をしたいけれど、具体的にどのように進めたらいいの?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?まずは、不動産の売却方法の種類を知ることが大切です。不動産の売却方法は、大きく分けて「買取」「仲介」「個人売買」の3つがあります。不動産売却で失敗しないために、それぞれの売却方法の特徴を理解しておきましょう。

今回は、不動産売却の種類とその内容の違いについて詳しく解説していきます。「自分にとってどの売却方法を選択するのが良いのか」、「目的に見合った売却方法はどれか」など、大阪で不動産売却についてお悩みの方はぜひ参考になさってください。

大阪で不動産売却をご検討中の方へ不動産売却方法をご紹介

 

不動産の売却方法は、大きく分けて「買取」「仲介」「個人売買」の3つがあります。それぞれの特性を見ていきましょう。

仲介

仲介とは、不動産業者に不動産売却を依頼して、買主を見つけてもらう方法です。個人では難しい不動産売却の手続きや営業活動など、すべて任せることができます。

但し、依頼主は仲介手数料を不動産業者に支払う必要があります。

買取

対象となる不動産を直接不動産業者が買取を行う方法です。不動産業者が買取後に再販売をかけますので「売却できるだろうか」「期間はどれくらいかかるのか」等の心配がありません。

お住まい中の方や売却をお急ぎの方にとって、手間や日数をかけずに、即現金化できるのが大きなメリットです。

個人売買

個人売買とは、不動産業者を通さずに個人同士が直接売買取引を行う方法です。親族や友人など、近い間柄で行われる方法です。但し、この方法は売買に関する複雑な手続きや契約書類の作成など、全ての作業を自らでやらなければなりません。

また、契約書関係で後からトラブルになる可能性もあるので、不動産売却を検討している方は、できるだけ「買取」か「仲介」のどちらかを選ぶことをおすすめします。大阪で不動産売却をお考えの方は、買取・仲介の実績が豊富なアール・エー不動産へご相談ください。

 

費用や買主が変わる!!大阪で不動産売却をご検討中の方に買取と仲介の違いを解説

 

ここでは、買主や費用面など、不動産売却における買取と仲介の違いについて詳しく見ていきましょう。

買主

買取の場合は、不動産業者が直接買取を行うので、買主は不動産業者です。一方仲介の場合は、不動産業者を通して不動産を売り出し、買主は個人です。

買取であれば時間をかけることなくすぐに売却金額が支払われますが、仲介は買主が見つかるまで数ヶ月かかることもあります。

売却期間

買取の場合は、不動産業者が買主になるため、早めの不動産売却が可能です。仲介は買主が見つかるまで待つ必要があるので、16ヶ月ほどかかるといわれています。

売却価格

買取の場合は、仲介よりも売却価格が安くなる傾向にあります。買取における売却価格は、相場(市場価値)の6080%ほどになることが多いです。仲介における不動産売却は、相場に近い価格で売れる可能性が高いです。

費用

買取の場合は、仲介手数料は発生しませんが、仲介を依頼した場合は、営業や広告活動などをすべて任せることになるので、仲介手数料が発生します。仲介手数料の目安は、不動産の売却価格の3%くらいを想定しておきましょう。

大阪で不動産売却を承る業者をお探しなら不動産事情に精通したアール・エー不動産

売却価格が市場価格より安くなったとしても、時間をかけずに売却したい方は、買取がおすすめです。なるべく良い条件、価格で売却したい方は、仲介を選択するのが良いといえます。

不動産売却を成功させるためには、信頼できる地元の不動産業者に依頼をすることをオススメします。大阪であれば、大阪の不動産事情に精通した不動産業者に依頼しましょう。地域に密着した業者ほど、そのエリアにおいて不動産価値を最大限に高めてくれるはずです。

大阪で不動産売却に対応した業者をお探しでしたら、地域密着型のアール・エー不動産へご相談ください。迅速かつ適正に査定価格を算出いたします。査定費用無料です。まずはお気軽ご依頼ください。

 

 

SHAREシェアする

コラム一覧

HOME > コラム > 大阪で不動産売却を業者に依頼!「買取」と「仲介」で異なる費用や買主

© 2022 株式会社アール・エー不動産