コラム
COLUMN

HOME > コラム > 大阪市の戸建て売却価格相場 住宅ローンが残っている物件の売却方法 費用の相談はお気軽に

コラム マンション 不動産売却 不動産税金 不動産買取 中古戸建 戸建て 新築戸建

大阪市の戸建て売却価格相場 住宅ローンが残っている物件の売却方法 費用の相談はお気軽に

大阪市のみならず、住宅ローンの残額がある戸建て物件を売却したいという方はかなりいると思います。住宅ローンを完済する前に今現在住んでいる家を売って新たな家を購入する例や訳あって住宅ローンが残ったまま家を手放さなければならない例など、理由は色々です。中には、住宅ローンが残ったまま戸建を売却できるのかと気がかりに思う方もいるかもしれません。結論から述べれば、住宅ローンが残っていても戸建て売却はできます。

ただし、それなりの対処や手続きとともに費用が必要です。こちらでは、大阪市で戸建て売却のご相談を承っているアール・エー不動産が、住宅ローンが残った状態で戸建て売却する方法や大阪市の戸建て物件の価格相場についてご説明致します。



住宅ローンが残っている物件を売却する方法

住宅ローンが残っている物件を売却する時には、「抵当権」を抹消しないといけません。まずは抵当権についてご解説していきましょう。不動産を購入する時、大半の方は金融機関で住宅ローンを組みますが、金融機関で高額なお金を借りる際は「担保」を要します。住宅ローンでは、購入予定の不動産を担保にお金を借りるシステムになっています。

金融機関は、担保となる不動産に「抵当権」を決めます。抵当権というのは住宅ローンの返済ができなくなった時、不動産を競売にかけて売却した代金から住宅ローンの返済金を徴収する権利です。

抵当権は住宅ローンが残っている限り、その物件に付いたままになります。住宅ローンの返済が停滞した場合に住宅が競売にかけられるかもしれないおそれがあるため、抵当権が残ったまま物件を売却することは実質的に、無理と言えるでしょう。住宅を円滑に売却する際には、こちらの抵当権を抹消するのが必須です。但し抵当権を抹消するには、住宅ローンを完済することが前提です。住宅ローンの残額がある場合はどうすればいいのでしょうか。

この場合は、物件を売却した代金を残りの住宅ローン返済に充てて完済することで、抵当権を抹消することができます。ただし、売却しても住宅ローンを完済できなかった時は、足りない分を自己資金又はフリーローンなどでカバーすることになります。不動産を買い替えるために物件を売却のご意向なら、「買い替えローン」を利用するのも一つのやり方です。

 

大阪市の戸建て売却物件の価格相場

戸建て物件はどのくらいの価格で売却できるのか、こちらでは、大阪市における戸建て売却の価格相場についてご紹介します。

大阪市は大阪府の県庁所在地であり、国の出先機関や大企業の本・支店なども数多く置かれている関西を代表する都市です。USJなどのテーマパークや大阪城や道頓堀などの観光スポットが多い、注目のエリアです。

そんななかでも大阪市の平野区では中古一戸建ての価格相場は、やはり上昇基調にあります。20217月の時点で、築10年までの物件の平均は2100万円でした。前年同月の平均では、約1950万円です。

 

大阪市で住宅ローンが残った状態の戸建て売却をお考えならアール・エー不動産へ費用の相談はお気軽に

費用はかかりますが、住宅ローンが残っている物件を売却することは不可能ではありません。ただし、抵当権がついたままでは円滑に物件を売却するのが困難になるため、売却代金を残りの住宅ローンの返済にあて、売却時に抵当権が抹消されるように手続きをしておきましょう。

物件がどの程度の価格で売却できるか分かるには、過去の成約実績などで大体の価格相場を確かめておくことをおすすめします。大阪市で住宅ローンが残った状態の戸建て売却でお困りの方は、アール・エー不動産に遠慮なくご相談ください。任意売却にも対応しています。費用に係わる相談もお待ちしております。

 

SHAREシェアする

コラム一覧

HOME > コラム > 大阪市の戸建て売却価格相場 住宅ローンが残っている物件の売却方法 費用の相談はお気軽に

© 2022 株式会社アール・エー不動産