コラム
COLUMN

HOME > コラム > 平野区や生野区で暮らしながら家を売る手段とは?どういった人に合っている?

コラム マンション 不動産売却 不動産税金 不動産買取 中古戸建 戸建て 新築戸建

平野区や生野区で暮らしながら家を売る手段とは?どういった人に合っている?



「家を売りたいが、暮らしながらでないと厳しい。」
「暮らしながら家を売る手段はあるのだろうか?」
自宅の売却を検討されている方の中には、このように思われる方もいらっしゃるでしょう。
今回は、自宅に暮らしながら売却する進め方をご紹介します。
ぜひご参考ください。

 

家に暮らしながらの売却はできる?

家を売るとなると、先に家を出ていかなければならないと思われる人も多いでしょう。
しかし実を言えば、家に暮らしながらの売却はできます。

大抵は、すでに居住者が出ていった状況の家のほうが売れやすいと言われています。
しかし、一概にそうだとは限りません。
人が住んでいる状態の家では、家具や家電がすでに配置されており、現実にそこで生活する想像しやすいといった利点もあります。

最近では、家具や小物、照明などで住空間を演出して、物件の魅力を引き立たせて見せる「ホームステージング」という方法が取られることも増えてきています。
家財道具を置いておくことで、より空間を素敵に見せられる時には、暮らしながらの売却も有益でしょう。

暮らしながらの売却が向いているタイプとしては、以下の3つが挙げられます。

①インテリアにこだわっており、自信を持って室内を見せられる。
②室内にものが少なく、整理が行き届いている。
これらの要素は、住みながらの売却のメリットを活かせるかどうかという点でも重要です。

③在宅時間が長く、内覧に対応できること。
室内が片付いていても、内覧に応対できなくては意味がありません。
購入希望者の内覧に、臨機応変に対応できることも1つの条件と言えるでしょう。

 

暮らしながら売却する手段とは?

暮らしながら売却する流れとしては、主に以下の6つの段階が挙げられます。

①不動産会社に査定依頼をすること。
②不動産会社と媒介契約を結ぶこと。
③売却活動の開始。
④購入希望者の内覧対応。
⑤売買契約の締結。
⑥決済・引き渡し、所有権の移転。

先述したとおり、暮らしながらの売却では、内覧にしっかりと応対することが大切です。
室内をきれいに片づけ、時間についても臨機応変に対応することが求められます。

 

今回は、暮らしながら、その家を売却する手段について説明しました。
暮らしながらでも売却できるという事実を理解しておくことで選択肢が増え、不動産売却で後悔する可能性を減らす事ができるでしょう。
不動産の売却をお考えの方は、気兼ねなく平野区の株式会社アール・エー不動産までご相談ください。

SHAREシェアする

コラム一覧

HOME > コラム > 平野区や生野区で暮らしながら家を売る手段とは?どういった人に合っている?

© 2022 株式会社アール・エー不動産