コラム
COLUMN

HOME > コラム > 注文住宅と建売住宅の違いと特徴とは?

 

一戸建ての購入を考えるとき、「注文住宅」か「建売住宅」か、を決めることになります。

価格の違いと「考えることの少なさ」から建売住宅を選択する人も多いのですが、実際はもう少し慎重に検討するべき点があるのです。

二つの特色と異なる事を知ることが、どちらを買うかの判断に役立ちます。



注文住宅と建売住宅との違い

注文住宅と建売住宅との一番の違いは、造られ方にあります。一言で言うと、注文住宅は受注生産品(オーダーメイド)であり、建売住宅は既製品(レディーメイド)です。

 

注文住宅の場合、土地選びと住宅建設を別の計画として進めるものです。自ら建築士に設計を依頼し、施工会社に住宅を建設してもらいます(勿論、設計から建設まで終始同じ会社に依頼する場合もあります)。建売住宅よりも制約が少ないということになります。

 

建売住宅は、すでに住宅の建設が済んでいるか、設計プラン作成済みです。土地と住宅を一緒に販売するスタイルになっていて、購入者は実際の物や設計資料を見て購入の良し悪しを判断することになります。販売者は、同様な住宅をいくつか建てて販売することが一般的です。

 

注文住宅で堪能できる「一国一城の主」の思い

注文住宅の利点は、何と言っても制約の少なさにあります。自分で家づくりに深く関係する必要がありますから、完成して住み始めたときの「一国一城の主」になれた気持ちは、他では得られない格別なものです。

 

また、自分なりの工夫や遊び心を間取りや設備に反映させられます。自分の家族構成やライフスタイルを念頭に置くと、様々な希望は出てくるはずです。高齢の親と同居するのでバリアフリーにしてほしい、日差しがあふれる明るい家にしたい、子供が生まれるから収納がたくさんほしいなど、希望をかなえるために色々考えられるのが注文住宅です。

 

その上、完成品だけではなく、住宅が建つ過程にも「わくわく感」を持てるのが注文住宅の優れた点です。住宅が完成するまでのプロセスを、初めからチェックできます。家を建てる大工さんとも、コミュニケーションしながら「一緒に家を建てている」と、気持ちが一つになります。

 

ただし、建売住宅と比べると費用がかかり、家が建つまでに時間を要することは覚悟しておかなければなりません。制約が少ないといっても、構造上の制約や予算により希望のすべてを叶えることはできない可能性もあります。

 

建売住宅は安くて実物を想像しやすい

 

一方の建売住宅の利点は、価格が安くて実物の想像がつきやすいことです。

 

価格が安いのは、勿論何棟かまとめて建てる「レディーメイド」だからです。自分で手間をかけなくても、短期間で住宅が入手できるので、お金だけではなく時間も節約できます。費用対効果を重視する人であれば、自分の感覚に見合った建売住宅を探して購入するだけでも良いでしょう。

 

建売住宅は、仕様や間取り、購入価格が前以て表示されています。また、場合によっては実際に物がありますし、実際に物がなくても設計自体はできていますから、想像がつきやすいのも大きな利点と言えます。情報がたくさん得られるということです。

 

つまり、建売住宅の長所は効率性にあります。価格はリーズナブルで、情報収集とリサーチ・検討・建設にかかる時間は短く、それでいて実際の物の情報は十分存在しています。後に「こんなつもりではなかった!」と揉め事になることが少なく、安心です。

 

その一方で、間取りや仕様などは思い通りにはいきません。大体既定の設計通りに建てられますから、自分の願望やこだわりを家のつくり自体に反映させることはほとんどできません。しかし、一部色や設備の選択ができる場合がありますので、そういう物件を模索してみるのもいいでしょう。

SHAREシェアする

コラム一覧

HOME > コラム > 注文住宅と建売住宅の違いと特徴とは?

© 2022 株式会社アール・エー不動産