コラム
COLUMN

HOME > コラム > 空き家を放置して、倒壊した場合は誰が責任を負うのか?

コラム マンション 不動産売却 不動産税金 不動産買取 中古戸建 戸建て 新築戸建

空き家を放置して、倒壊した場合は誰が責任を負うのか?

 

「空き家が倒壊した時には誰が責任を負うのか」、「空き家の倒壊リスクを下げる維持方法について知りたい」
このように思う方は多いでしょう。
空き家が倒壊したら誰が責任を負うのでしょうか。
今回は、上記の疑問を解く情報をお発信したいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。



 

空き家が倒壊した時の責任についての所在

空き家が倒壊した時の責任の所在を知っているでしょうか。
結論から述べれば、空き家の所有者が責任を担う必要があります。

基本、空き家の損害については、所有者が責任を担うことが多いです。
倒壊もそのひとつです。

倒壊してしまうと、周囲へ被害をもたらすこともあります。
その為、その損害の中身によっては、何千万円もの費用がかかってしまう場合があります。
被害を起こさない為には、適切に管理することがきわめて大切なのです。
倒壊しないように、まめに手入れをし、空き家を維持しましょう。

以上が、空き家倒壊の責任の所在についてでした。

 

空き家倒壊の危険性の下げ方について

空き家の倒壊は、可能な限り避けたいですよね。
倒壊を防ぐ管理方法について説明したいと思います。

1つ目は、まめに換気することです。
換気をサボると、湿気がこもりやすくなったり、カビが発生してしまいます。

2つ目は、周囲の住人に日頃から顔を見せておくことです。
空き家が隣にあると、住人は気掛かりになります。
放っている印象を持たれてしまうと、なにかあった時にもめ事となってしまいます。
そのため、周囲の住人に挨拶をし、まめに手入れしているというイメージを与えると良いでしょう。

3つ目は、外の掃除をし、破損個所の有無を確かめておくことです。
家の中だけではなく、外も綺麗にしましょう。
ごみが捨てられていないか、外回りが壊れていないかどうかを確かめておきましょう。
外壁にヒビが入っていないか、屋根が割れていないかについても、細かく確認しましょう。

4つ目は、水漏れが生じていないか確かめることです。
ゴムパッキンが劣化して水漏れが生じていないかどうか、水回りの臭いは大丈夫かどうか確かめましょう。

5つ目は、害虫対策を実施することです。
害虫を見つけたら駆除し、発生を食い止める為に対策をしましょう。

以上が、倒壊を防ぐ維持方法についてでした。

 

 

今回は、空き家が倒壊した時に誰が責任を取るのだろうとお思いの方に向けて、責任の所在について、また、倒壊する危険性を下げる維持方法について説明しました。

ご不明な点がありましたら、いつでも当社へご連絡ください。

SHAREシェアする

コラム一覧

HOME > コラム > 空き家を放置して、倒壊した場合は誰が責任を負うのか?

© 2022 株式会社アール・エー不動産